Home > 料金等   |      はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

ストックオプション評価業務

『ストック・オプション等に関する会計基準』の施行によりストックオプションは、 報酬としての費用を計上する会計処理が必要となっています。

当社は、会計・税務・金融工学に精通したプロフェッショナルから構成され、 数多くのストック・オプション評価を実施しています。

監査法人に対する評価ロジックの説明をはじめ、 会計監査対応が可能なサービスを提供しております。。

弊社では、ストック・オプション評価の目的に応じて、 全てのモデルでの算定に対応可能です。

弊社で利用する評価モデル

  • ブラック=ショールズ・モデル(BSモデル)
    最も有名な偏微分方程式ですが、 複雑な条件が設定されているオプションの評価を行うことができません。

  • 格子モデル
    二項モデルなどでオプション価値を評価するものです。
    こちらは、全行使期間を細分化して、オプションの価値を計算しますので、 複雑な条件のオプションも計算が可能となります。

  • シミュレーション・モデル
    モンテカルロ・シミュレーションによってオプション価格を算定します。
    複雑な条件が含まれているストック・オプションにおいても、 シミュレーション・モデルの設定次第で評価することが可能です。

評価の流れ

  1. 評価モデルの選定・作成
  2. パラメータの推定
  3. オプション価格の算定

ご利用料金

レポート 報告書
金額 期間 金額 期間
簡易なケース 99,000円〜 〜1週間 300,000円〜 1〜2週間
複雑なケース 別途見積り 1〜2週間 別途見積り 2〜4週間

取扱案件

  • 東証1部上場企業発行の新株予約権付社債(MSCB)差止請求
      東証1部上場企業の外国籍ファンドに対するMSCB発行時における差止請求のアドバイザリー業務(原告サイド:外国籍ファンド)

  • 東証2部上場企業の新株予約権発行時のサポート・評価
      東証2部上場企業の発行する新株予約権(MSワラント)の発行要項の作成、オプション評価額の算定(投資家サイド:非上場投資ファンド)

  • ジャスダック上場企業の優先株式発行時のサポート・評価
      ジャスダック上場企業の発行する普通株式転換型優先株式・新株予約権の発行時における、割当契約書・発行要項の作成、時価評価(投資家サイド:東証1部上場ノンバンク)

  • ジャスダック上場企業の新株予約権の評価
      外資系証券会社に対する新株予約権発行時(MSワラント)の評価(発行体サイド)

  • ジャスダック・ヘラクレス上場企業の優先株式の評価
      ジャスダック・ヘラクレス上場企業の発行するM&Aに関するメザニン・ファイナンス(普通株式転換型優先株式・新株予約権)の発行時における、有利発行判定のための時価評価(発行体サイド)

  • 大証2部上場企業の新株予約権の評価
      従業員向けストック・オプション発行時の評価(発行体サイド)

  • 東証2部上場企業の新株予約権の評価
      従業員向けストック・オプション発行時の評価(発行体サイド)





  • order

    具体的な評価の内容、金額に関しては、 こちら からお問い合わせ下さい。