Home > ストーリー   |      はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

会社を信じることはできますか?


自分の半生をかけて作り上げてきた会社

しかし、

  • 親会社の経営悪化や業績降下
  • 大企業による買収や合併

それらによって会社を解雇されてしまった、子会社社長や上場役員の方

悲痛な叫びを声にせず耐えていませんか?

裁判にかかる時間と苦痛を考えたら・・・
とてつもないエネルギーをあなたから奪ってしまいます

限りある人生をどんどん削ってしまっています

では、一体どうしたらよいのでしょうか?


実は・・・

とても簡単な方法で
あなたの大切なエネルギーを浪費せずにすんなりと解決することができるのです

今あなたは・・・

  • 会社を信じてかけてきたストックオプションが解雇されたと同時にゼロになってしまった
  • 解雇によって生じた理不尽な状況に、泣き寝入りをしなければいけない状況に追い込まれてしまっている
  • 裁判を起こして闘おうと思っているが、その労力を考えると足がすくんでしまう
  • 裁判で勝ったとしても、一体何%買取してもらえるか検討が付かないので不安である

などと悩んではいませんか?

解雇されてから時間が経つに連れて・・・
あなたの財産が戻ってくる可能性も失われつつあります

ストックオプションが0%になってしまう前に・・・

あなたがしなければいけないことはただ一つです

A社のケース

人材派遣会社をしていた親会社が業績悪化の一途をたどり、
そのしわ寄せで子会社であったA社社長Bさんは解雇されざるを得なくなりました。
A社には親会社と異なり良い収益がありました。Bさん自身もストックオプションを保有しており、
ストックオプションの価値は5億円と評価されていました。
辞任した場合は、ストックオプションは消滅しますが、
Bさんは、辞任したのではなく親会社の都合で解雇されてしまったので、
0円になるのはおかしいのではないかと思っていました。

親会社とのストックオプションの買取が決まらず、
なかなか和解策が決まらず苦悩する日々が続き、時間だけが過ぎて行くばかりでした。

しかし・・・
今ではストックオプションの権利行使益をBさんが受け取ることのできる方向に話しが進み、
泣き寝入りする必要がなくなりました。

では一体Bさんは何をしたのでしょうか?

それは・・・

ストックオプションの権利行使益をできるだけ最大に引き出せる
専門家集団にこの問題を委託し、裁判を起こすことにしたのです

Bさんは、藁にもすがる思いで弊社に相談にきました。

この問題を弊社に委託したことでBさんには明るい未来が拓けました

これ以上・・・
苦労することなく安心して眠れるためにも

もう独りで悩まないでください

簡単に解決することができる方法・・・

ストックオプション問題を取り扱う専門家集団に依頼すること

ただそれだけでいいのです

たったそれだけで・・・
あなたの財産と名誉を守ることができます

財産はあなたが社会に貢献した功績の証です

必ずお役に立てることをお約束いたします








株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、ストック・オプションの評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

お問合わせ